3級認定資格は、専門分野の基本知識を有する証となる資格です。

3級資格は、永年資格で資格更新の必要はありません。

※3級と2級試験の併願(同日に受験)を、ご希望の方は、このページの下に詳細を記載しています。


————————————————————————————–

願書〆切日 令和6年4月26日(金)(消印有効)
試験日   令和6年5月26日(日)

————————————————————————————–

受験資格 16歳以上

試験範囲「検定本と問題集」の3級内容。

試験方式 在宅試験(マークシート式・記述式)


————————————————————————————–

下記の「試験要項」で、試験の詳細と願書の提出から、資格取得迄の流れを確認して下さい。


「試験要項」はこちら


————————————————————————————–

「願書」は、下記よりダウンロードして、A4用紙に印刷しご利用下さい。




※万が一願書がダウンロードできない場合は、
下記のメールへ氏名、住所、電話番号をご記入の上送信して下さい。
追って願書を郵送いたします。


————————————————————————————–

【3級と2級試験の併願の手続き

併願(同日受験)を希望の場合は、下記①②③の流れとなります。

①願書の提出時は、3級と2級の受験料を合わせて振込む。

②3級と2級の各願書は、必ず同じ封筒に入れて提出する。

③受験時は、3級試験と2級試験を受験する。

③3級と2級試験も合格した場合は、3級と2級の認定登録料を合わせて振り込む。


【併願時の受験結果について

試験後は、下記①②③のどちらかの対応となります。


①3級と2級試験も合格の場合
 3級と2級の登録手続き完了後に、
3級と2級資格の認定証が発行されます。


②3級試験のみ合格し、2級試験が不合格の場合
 3級資格の登録手続き完了後に、
3級資格の認定証が発行されます。


③3級試験が不合格で、2級試験のみ合格の場合
 次回以降の3級試験に合格し登録手続きが終わる迄、

3級と2級資格の認定証は、発行されません。

次回以降に、3級試験に合格し、
3級と2級の両方の認定手続き完了後に、
3級と2級資格の両方の認定証が発行されます。


————————————————————————————-

一生役に立つ!
日本初で唯一の資格取得でプロになろう

国際的な「食の資格検定」にトライ!
(一社)日本フードライセンス国際協会

————————————————————————————–